11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    CTBT報告 今回の高崎の137Cs 濃度は,1966 年の大気核実験時の 3500 倍,そしてチェルノブイリ事故時の 84 倍高い 

    核実験監視用放射性核種観測網による大気中の人工放射性核種の測定
    米沢仲四郎, 山本洋一

    抜粋:我が国における大気中の粒子状放射性核種の測定は、1957 年から気象庁の気象研究所で行われてきた12) が、ここでの測定値は単位面積(m2 )あたりの降下物粒子中の放射性核種濃度(Bq/ m2 )として測定されているため,IMS の粒子状放射性核種濃度と直接比較することができない。しかし,1965 年から放射線医学研究所による測定値13)とチェルノブイリ事故時(1986 年 5 月)の Aoyama らの測定値14) は,IMS の粒子状放射能測定
    とほぼ同じ方法で測定されたもので直接比較することができる。137Cs について,高崎観測所における最高濃度と 1966 年 3 月大気核実験時における千葉市での最高濃度,そして 1986 年 5 月チェルノブイリ事故時におけるつくば市の最高濃度を比較した結果 , 今回の高崎の137Cs 濃度は,1966 年の大気核実験時の 3500 倍,そしてチェルノブイリ事故時の 84 倍高い。

    CTBT002-07-yone002.jpg
    全文

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/765-a7f7f274
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。