11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    日本の近未来とは 

    私は東日本を中心に、チェルノブイリ原発事故を超える被害が、子供達を、若い大人達を襲うような予感がしてなりません。

    それは福島第一原発から放出された放射性物質の量の問題であり、チェルノブイリの強制避難エリアを超える放射線線量が観測された場所にまだ人が住んでいるということであり、無検査同然の食品の流通管理体制であり、当時と比べても極めて高い飲食物の暫定基準値であり、隠されているプルトニウム、ウラン、ストロンチウムによる汚染の存在であり、内部被曝を無視してICRP基準で放射線防御対策をしている政府の姿勢であり、元より国民を事故から、被曝から守る、救うという観点が抜けている政府の根本的考え方により、予感は確信に変わりつつあります。

    我々は被曝してしまった。

    今更かもしれません。

    でもこのまま同じ生活を続けていては、身体の健康は益々失われていく可能性が非常に高くなってきています。

    今からでも出来ることをして、少しでも放射性物質を体内に取り込まないようにするべきだと思います。

    今、一番気をつけるべきは食品による内部被曝及び地表に沈着している放射性物質を吸い込まないことだと思います。

    食品、飲料はなるべく西のもの又は外国産を選び、マスクをする。

    もう手遅れとは思わずにやっていくしかないのではないでしょうか。

    ベストな選択は引っ越しです。

    自分で可能な限り遠くへ。

    北日本、西日本、南日本、海外。

    日本の近未来がこの映画の惨状を超えることがないように。。 

    Chernobyl Heart








    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/817-bd15fcf2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。