11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    日本政府は福島県民を人間モルモットの様に使っている! Dr.Kaku(字幕) 

    日本政府は福島県民を人間モルモットの様に使っている! Dr.Kaku(字幕)




    日本政府は福島県民を人間モルモットとして使っている! (日本語訳:Junebloke)
    "Japan using Fukushima people as human Guinnea Pigs" June 17, 2011 from 60 minutes Australia. http://sixtyminutes.ninemsn.com.au/

    *ゲスト解説者:ミチオ・カク教授 NY大理論物理学。日系米国人 
    *関連動画リンク http://www.youtube.com/watch?v=eh2PIB_zB5Q

    日本が3月に巨大地震と津波に襲われたときに、私たち自身に最悪の事態が迫っていました。
    1万人以上の死者、打撃を受けた経済、社会の破壊。
    日本は大災害を被りました。
    しかし、数週間経っても、災害はまだ終わっていません。
    破壊された福島原発は、依然放射能漏れが続いており、チェルノブイリの経験則から、日本の原発事故からの回復は数年ではなく、一世紀以上かかるでしょう。

    LIZ HAYES:何千人もの人々がかつて住んでいた東日本の海岸には、津波による不気味な沈黙と瓦礫の整然とした山だけが今あり、国土は荒廃させられた。
    しかし、この前では長くは続きません。沈黙は壊され、別の災害がじわじわ迫り来るシグナルが鳴なります。

    フランク、これはどういうことなの?

    FRANK:以前話したような状態ではないのです。

    LIZ HAYES:私たちは、日本の核危機のグラウンドゼロ、メルトダウンした福島原発に向かっています。ここから20km以上離れていますが、すでに我々は、その致命的な放射性降下物を計測しています。

    FRANK :放射線数値が上がっていきますね。車を走らせ続けていくのは余りにも危険です。

    LIZ HAYES:つまり、実際にここで停止する必要があるんですね?

    FRANK:ええ。これ以上あなたを同行させようとは思いませんね。

    LIZ HAYES:放射線の専門家フランク・ジャクソンとこのガイガーカウンターは、我々が危険地帯まで来ている事を告げています。防護服だけでは十分ではないのですか?

    FRANK :ガンマ線は、最も強い放射線を出し、ほとんどのものを通過します。

    LIZ HAYES:つまり、回避したい放射線の一種ですね?

    FRANK :そうです。

    LIZ HAYES:フクシマは、かつては日本の電力の主要供給地でした。
    これらの衝撃的な新たな映像は、津波が原発建屋に到達した瞬間で、火災や爆発の連鎖を引き起こしました。
    東京からわずか200キロの場所にある福島で、6基の原子炉の内3基がメルトダウンし、いま致命的な放射線は、すでに海と空気中に漏れています。

    MICHIO:彼らは原子炉が安定していると言う、ええ、確かにそうです。その安定とは、崖の淵に、指の爪でぶら下がっているようなもので、徐々にその爪が剥がれかけ初めている。それが安定です。言い換えれば、それは時間との戦いなのです。

    LIZ HAYES:あなたは、原子力災害が日本で終息してきていると思っているかもしれません。物理学者、ミチオ・カク教授にお聞きします。

    MICHIO:もし、あなたが原発作業員で被曝していると、たとえ亡くなってから長期間経っていても埋葬されたお墓は放射線を出すでしょう。
    あなたのひ孫が、ガイガーカウンターを持って来ると、曾祖父の埋葬遺体がお墓で放射線を出すのがわかるでしょう。

    LIZ HAYES:冗談でしょう?

    MICHIO:至って真剣です。

    ***

    LIZ HAYES:地元の人々は、彼らの食料と水が汚染されてると言われているのです。
    これらをテストするのですか?

    FRANK:これはX線と同じなのです。

    LIZ HAYES:毎回キャベツを持ってX線を浴びていると言うのですか?

    FRANK:そうです。

    LIZ HAYES:彼らが、日本の原発事故の避難民です。何千人もの人々が、避難所になった段ボールで区切られた公共の建物の床で寝泊まりしているのです。僅かな所有物と僅かなプライバシー。直面する見えない将来。
    この光景を見ると、私は誰かの家の窓から見ているような感じがします。
    人々は、懸命に段ボール箱の家を作ったのです。

    CHIE:ええ、私は写真が掛けられ、窓が描かれた段ボール、本棚があるのを見て驚きました。

    LIZ HAYES:マツモト・チエのような多くの日本人は、自分たちの国が完全に回復することはないのではと恐れています。
    あなたは、ここでもう一度、食料や水を取り、空気を呼吸してよいと思いますか?

    CHIE:意図的には、良いとは思いません。私は、ただ食べたり飲んだりしても安全だと信じなければだめなのです。しかし、私の心のどこかで、確かにわかっています。
    私はいつも疑念を抱いています。私自身に尋ねます。これは大丈夫なの?これを行う場合は、数年後の健康状態はどうなるの? いつもそうなのです。

    MICHIO:彼らは、ある意味でモルモットになったのです。人間モルモットで、どの様に放射線が環境に分散するか、どの様に実際に人々の体と彼らの子供の身体に取り込まれていくか、何年も何十年も癌が増加していくのかを観察していくのです。

    LIZ: 福島の人々の今後を考える為に、地球上で唯一同様の災害に見舞われた土地に旅することにしました。チェルノブイリです。

    *途中訳省略。以下概略。

    1) 現在は、周辺都市はゴーストタウンになっている。
    2) 原発事故が起った時、みんなはすぐに街に戻れると思っていたが、結局それが最後になった。
    3) 最初に事故が起こった時は、この国の誰もがこんな酷い事故だと思わなかった。

    LIZ HAYES:社会が放射能に汚染されるとき、これがその結果なのです。
    原発災害発生の後に生まれたチェルノブイリ被災者の子どもたちのために特別に設立されたキエフの放射線専門病院では、今日、汚染によって引き起こされると考えられる癌と他の疾病と戦っています。
    あなたは原発事故についてどう思いますか?あなたは事故を知らずに生まれ、でも影響を受けてしまっていますね?

    GIRL:私は、この時は恐ろしく、非常にひどかったのを知っています。

    LIZ HAYES:チェルノブイリ4号基の原子炉格納容器は、安全試験中に破裂し一連の爆発を起こし、ヨーロッパ全体に放射性粒子を含む雲を炎と共に吐き出しました。

    MICHIO :乗組員を保護するコンクリート装備のヘリコプターは、ホウ酸と砂を運び、砂5000トン、コンクリート、ホウ酸を投下し、原子炉を埋葬した。これを行うのは長期間掛かり、そして石棺を建造しました。

    LIZ HAYES:今日、4号機原子炉は、ウクライナ産業の暗影の風景なのです。
    バンドエイドの様に修理されたコンクリート石棺がみえますが、溶けた炉心は依然恐ろしく熱い。そして、新たな石棺を建設する計画があります。なぜなら、この石棺容器は壊れかかっているからです。チェルノブイリ原子力災害はまだ決して終わっていません。
    現在、チェルノブイリ周辺には30キロの退避ゾーンがあります。
    そして訪問者は、ここに来るために政府の承認を得る必要があります。なぜなら、高い放射線レベルがまだ計測されるからです。

    この装置は、純粋に空気中の放射線を検出するもので、この地域は非常に放射線が高いでしょう。では、ここに置いてみましょう。高レベルだと計測されました。マスクをしなきゃ!
    ここに来る者はすべて、汚染テストをする必要があるのです。なぜなら、放射線が空気中や土壌や食品の中にあるからです。
    どれくらいの数の人々が、いまもチェルノブイリ周辺で影響を受けているのですか?

    IRYNA LABUNSKA:私は、1986年以降に500万人以上が影響を受けていると思っています。

    LIZ HAYES:科学者イリーナ・ラブンスカ氏は、チェルノブイリの被害を受けた地域の食糧をテストしてきました。
    私が今知っておくべきと感じる一つは、原発事故は私がその国に住んでいなくても、自分に影響を及ぼす可能性があり、原発が世界のどこにあるのか知っておく必要があるということです。

    IRYNA LABUNSKA:そうですね。ご存知のようにチェルノブイリ放射性降下物は世界中にあったのです。
    今でもイギリスにも、動物の放牧のために使用されていないいくつかの牧草地があります。
    なぜなら、チェルノブイリからのセシウムに汚染されているからです。

    MICHIO:我々のすべてが、身体にチェルノブイリの被曝の痕跡があります。我々が、ガイガーカウンターやシミュレーション・カウンターを使うと、実際にチェルノブイリからの放射線が私たちの筋肉や組織に取り込まれているのを確認できました。

    LIZ HAYES:では、フクシマも同じになるのですか?

    MICHIO:そうです。実際、全世界はフクシマからの放射線に被曝させられています。つまり、放射線は、太平洋を越え米国を通り移動し、現在は地球全体に周って循環しているのです。

    LIZ HAYES:つまり、我々はフクシマから被曝を受けているのですか?

    道雄:私たちは既にフクシマからの放射線を浴びています。

    LIZ HAYES:あなたは、フクシマが日本のチェルノブイリになると恐れていますか?
    人々が二度と戻ることができないと死の場所になると?

    CHIE MATSUMOTO:私は、残念ながら、同じ道を辿り、そう成らざるを得ないと思います。またはそのような状態になり続けるでしょう。

    LIZ HAYES:この原子力災害は、嗅げず見えない敵をもたらし、被災者から総てを奪い去りました。安価で信頼性の高いエネルギーは、今や高コストなものになっています。

    MICHIO:核エネルギーの使用を決定した世界のどの国も、本当の危険性を再評価しなければなりません。100年、500年の時間枠でどうなるのか? この様な事故は起ります。
    これらの事故は頻繁に起こりませんが、事故が発生した時は、原発事故は国全体の経済を破滅させてしまう可能性があります。ですから、国民は民主的に自分自身で決断しなければなりません。それでも危険を冒すことをいとわないのでしょうか?

    http://junebloke.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/841-afad7162
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。