11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    東電の嘘「圧力容器の底には溶けた燃料がたまっている」本当は溶け出してもうそこにはないのに  

    核燃料は原子炉圧力容器、格納容器を溶かし、メルトスルーしているのですから、当然検出器も溶けてなくなり、データーが得られる訳がありません。。

    それにしても核燃料は既に炉心から溶け出し、地中に入り込んでいることが容易に想定出来るにも関わらず、東電はそれを「わからない」として世間に公表しないばかりか、原子炉の温度が下がったとして「冷温停止に近づいている」などと馬鹿げたことを発表する始末です。

    溶け出したものがどうなっているのかの可能性を語り、その対策として、地中に矢板を打ち込み、地下水の流入を抑え、汚染水の流出を防ぐという過去にもチェルノブイリで行われた対策をするべきなのです。

    東電の人災は益々広がっていきます。



    3号機、炉心の検出器全滅 損傷状況推定できず
    2011.9.21 13:40 産経ニュース

    東京電力は21日、福島第1原発3号機の原子炉圧力容器の下に位置し、制御棒137本の挿入状態を知るための検出器を調べた結果、すべてが損傷などで正常に作動しなかったと発表した。東電は、炉心溶融(メルトダウン)の高熱で電線が断線したりショートしたとみている。

     3号機の圧力容器の底には溶けた燃料がたまっているとみられる。東電は、炉心の状況を推定するため、制御棒にそれぞれ設置された検出器が正常に作動するかを調査。電気を流したが、健全な反応を示した検出器はなかった。

     東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「圧力容器下部の損傷の程度は、はっきり分からない」と説明した。

     東電は当初、検出器の作動状況から、燃料損傷の度合いや原子炉下部の温度を推定できるとみていたが、検出器の損傷が予想以上に大きく、手掛かりは得られなかった。東電は燃料の損傷状態を調べる別の手法を検討する。

     1号機でも検出器を確認しているが、ほとんどの検出器が作動せず、損傷の程度は分からなかった。

    小出裕章:『冷温停止』について

    小出裕章
    「冷温停止というのは圧力容器が健全の形でその中に水を蓄えられて
    その中に炉心というものがまだ存在しているということを前提にして
    圧力容器の温度が100℃を下がるか上がるかという
    そういうことを議論しているわけで
    そもそも炉心が溶けてしまって
    圧力容器の外に出てしまっているという状態であれば
    そこの温度をいくら測ったところで意味のないことを言っていて
    これから問題なのは落っこちてしまった炉心が一体どこにあるのか
    それをどうやって閉じ込めることができるかという
    そういう議論こそ本当はしなくてはいけません

    地震に襲われていますのでそこら中で割れが生じているはずです
    地下に流れ出して汚染を広げて
    海にも多分流れ出ているんだと私は思います
    一刻も早く地下に遮水壁、
    あるいはバリアバウンダリーというものを作るべきだと思います」


    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/844-4e4fbe63
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。