11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    10Bq/kg以上の蓄積でヒトでは60%子ども~40%大学生の心電図がおかしくなった。 

    Yu.I.バンダジェフスキー著『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響ーチェルノブイリの教訓 セシウム137による内臓の病変と対策ー』


    動物の体内の100~150Bq/kgの放射性セシウムはさらに重大な心筋変化を引き起こした。拡散する心筋破損、リンパ細胞とマクロファージの病巣浸潤物および血管多血が認められた。41.20±1.60Nmol/lまでのクレアチン増加が(対照では33.11±2.45Nmol/l p<0.001)血清中に示された。900~1000Bq/kgまでの放射性セシウム蓄積は40%以上の動物の死を招いた。繊維間や細胞内の浮腫で大部分の細胞が破壊されていた。

    別な場合、心外膜や心膜に炎症性浸潤物が見られた。

    このように実験動物による実験研究は体内に入った放射性セシウムが心筋の細胞組織を損傷することを示した。

    病理学的プロセスの程度は体内の放射性同位体の量の関数である。

    実験研究の結果は放射性セシウムで汚染された地域に住んでいる子どもの電気生理学的および臨床的研究のデータを補足し、高度に特殊化した心筋細胞に放射性セシウムが寄与している鮮やかな姿を与えてる。

    しかし多くの器官や系の細胞に入っている放射性セシウムの循環系への影響は損傷している他の重要器官を考慮して身体全部に当てはめるべきである。

    <解説>

    10Bq/kg以上の蓄積でヒトでは60%子ども~40%大学生の心電図がおかしくなった。

    50Bq/kgほどの蓄積でラットで確実な心筋の代謝異常が確認され、規則収縮ができなくなった。

    100~150Bq/kgほどの蓄積になると心筋が破損し、炎症や出血を起こすようになる。

    900~1000Bq/kgでは40%のラットが死亡する。

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/851-16a63442
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。