11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    TPP加入を阻止しよう!!  

    第6章 わたしたちにできること


    日本のTPP参加を食い止めるためには、まずこの情報を周りの人に伝えること。

    友達に話す。

    メーリングリストやツイッター、フェイスブックなどで広める。


    仲間を集めて、勉強会を開くのもいい。

    でも、日本は11月にハワイで行われるAPECで参加交渉に入ると見られているから、その前までに反対運動を盛り上げなくちゃいけない。残された時間はとても少ない。

    もうひとつ、ぜひやってほしいのが、自分の選挙区の国会議員に直接会って訴えるという方法だ。

    え? 会ってくれるの? そんなこと、やったことないよ。という人がほとんどだろう。

    でも大丈夫。

    国会議員は 選挙区から選ばれた代表だ。 国民の声を議会に反映させるのが仕事なんだ。だから、国民の声を聞く義務がある。


    それに、自分の選挙区の有権者というのは、国会議員にとってはお客さんだ。次の選挙で自分を選んでくれなかったら、選挙に落ちて、失業してしまう。

    だから有権者の顔色を伺わざるを得ないんだ。
                      

    まずインターネットで自分の選挙区を調べ、その選挙区から選ばれた国会議員を調べよう。衆議院と参議院と両方ある。

    その国会議員の地元事務所もインターネットで調べられるはずだ。

    電話して、自分の住所を言い、TPPに関して意見を伝えたいので、議員に面会したいと求め、予約を取ろう。

    できれば同じ選挙区の仲間を何人も連れて行けたらいいね。


               
    そして、TPPに入ると大きなデメリットがあることを訴え、TPPに参加しないように伝えよう。

    できれば紙に要点を書いていき、それを見ながら説明しよう。

    そしてこの意見を党内に、あるいは国会に,、どんなふうに反映してくれるかを尋ねよう。

    そして、その結果の報告も求めよう。


    国を動かすのは最終的には国会議員なので、デモよりも署名よりも、国会議員に直接会うのが大きな効果があると言われている。

    メールやファックスも効果がないとはいわないけれど、でももしかしたら見ないで終わってしまう可能性もある。直接会うインパクトにはかなわないんだ。

    だから、勇気を出して行ってみよう。

    日本という国を戦後最大の危機から救うため、一緒に立ち上がろうよ!

    詳しくは、「今すぐ行動!」のページを見てくれたまえ。


    印刷用PDF

    参考資料

    サルでもわかるTPPより

    原発 放射能 水道 食品汚染


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/873-cb1b7393
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。