11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    福島原発に関する報道規制及び言論統制状態 

    正に許されない問題ですので、リンクが削除されないうちに記事をコピーします。


    気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板

    (1件の投稿があります)

    [211]福島第一原発 メルトダウン(炉心溶融)の大惨事 (報告2) 京大の 今中哲二(いまなかてつじ)が、正しい。彼は今、抑え込まれている。
    投稿者:副島隆彦
    投稿日:2011-03-13 08:53:45

    副島隆彦です。 私は、昨晩、日経新聞の ネットにあった 今中哲二(いまなかてつじ)京大助教の記事 を読んだ。しかし、日経は、今は、貼り付けをさせてくれない。

    それで、プリントアウトした。ところが、そのあと、その記事は、日経のネットから消えた。 そして、2時間後に、内容がかなり変更になった、別の記事が載った。 私の弟子が、復元してくれた。 この二つの記事を、みなさん、しっかり区別しながら、読んでください。

     「20:33の記事と、現在アップロードされている22:26のものとでは、記事のトーンと、内容が違います。やっぱり、本当のことは隠したいのだと、思いました。」と、私の弟子が、伝えてくれた。


    添付ファイルと、以下に貼り付けます。

    (転載貼り付け始め)

    「水蒸気爆発ならスリーマイル以上の事故」

    今中哲二(いまにしてつじ)京都大学助教

    2011年3月12日 20:33 日経新聞

     原子炉建屋の 骨組みが残っているので、大規模な爆発ではないが、原子炉を覆っている最後の防護壁である原子炉格納容器(かくのうようき)が大きな損傷を受けたのは間違いない。

     核燃料が非常に高温にならないと出てこないセシウムが外部で検出されていることから、燃料棒や炉心が溶融し、格納容器の下にある水 と触れて「水蒸気爆発」を起こした可能性が高い。

     原子力事故としては、1979年の米スリーマイル島事故の水準を超えた。スリーマイル島原発では、炉心が溶融して放射能が漏れたが、爆発までは至らなかった。1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故に次ぐ非常に深刻な原子力事故だといえる。

     原発で起きて いる核分裂反応を止めるには、ホウ素を原子炉に注入する方法があるが、炉心が損傷していたら効果は期待できない。そもそも放射能がかなり漏れているため、東京電力や原子力安全・保安院の装備では近づくことすら難しいのではないか。核防護の装備を持つ自衛隊か米軍に支援を要 請するしかない。


    (副島隆彦注記。いかが、書き変えられたあとの記事)

    ●「退避勧告、今後も見守って」

    今中哲二・京大助教

    2011年3月12日 22:26 日経新聞

    http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819595E3E0E2E1968DE3E0E2E1E0E2E3E39793E3E2E2E2;bm=96958A9C9C81E2E2E3E2E2E1E18DE3E0E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

     爆発の報告を 聞いたときは原子炉を覆っている最後の防護壁である原子炉格納容器が大きな損傷を受けた可能性を危惧したが、大きな損傷がないとわかり、ほっとしている。

     1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故のように、大量の放射性物質が外部に漏れ出すという最悪の事態はとり あえず避けられた。

     核燃料が非常 に高温にならないと出てこないセシウムが外部で検出されていることから、燃料棒や炉心が溶融したのはほぼ間違いないだろう。原子力事故としては、1979年の米スリーマイル島事故の水準を超えた。スリーマイル島原発では炉心が溶融して放射能が漏れたが、爆発までは至らな かった。

     核分裂を止め るホウ酸を原子炉に注入すると、もう原子炉は使えないが、格納容器の災害という最悪の事態を避けるためには仕方がない判断だろう。とにかく燃料を冷やす必要があるので、炉格納容器に海水を注入することも妥当な判断だ。

     今後も微量の 放射性物質は排出され続ける。避難指示は今後も守った方がよい。

    (転載貼り付け終わり)

    副島隆彦です。 本当に、異常事態が起きて、今、日本国に、巨大な凶事が、襲い掛かりつつあるのです。 みなさん、甘い考えは捨ててください。 自分と、自分の家族を守るために、はっきりと決意してください。



    (副島隆彦注記。 2011年3月12日 10時45分。 今中哲二 京都大学助教授の 「水蒸気爆発ならスリーマイル以上の事故」 という 日経新聞の 記事を 読んだ。 20時33分 に 日経のネットに載った記事だ。

     やはり、メルトダウンだ。「 1979年の米スリーマイル島事故の水準を超えた。・・・チェルノブイリ に次ぐ非常に深刻な原子力事故だ」 と、今中哲二氏ははっきりと書いている。 やはり、異常事態だ。 ものすごいことが起きたのだ。

     この日経の記事は、コピーできない。 だから、今から、私が自分で書き写して、それから重掲に載せるしかない。 副島隆彦注記終わり)  

    01. 2011年3月11日 20:25:45: Tp9B9dlYK2

    原発 放射能 水道

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/91-d2c6c9a0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。