11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    4/3 放射性物質予測、公表自粛を 気象学会要請に戸惑う会員 記事のソース 

    4月3日の記事 放射性物質予測、公表自粛を 気象学会要請に戸惑う会員 のソースである発信文章です。
    隠蔽を暗に指示した大問題です。

    2011年3月18日

    日本気象学会会員各位
    日本気象学会理事長
    新野 宏

    このたび発生した東北地方太平洋沖地震とこれに伴う津波では東北地方・関東地方に未
    曾有の被害が生じました。これらの地域にお住まいの皆様のご無事をお祈り申し上げます
    と共に、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。また、困難な状況の中、
    救援・復旧に総力を注がれている皆様に深い敬意を表します。
    今回の災害は、私達に2つの重大な教訓を与えたと思います。第一は、災害は想定を越
    えた激しい現象によって起きること、第二は日頃から十分な防災訓練や対策を行っていて
    も現実の現象の前では十分機能しないことがあることです。二度とこのような災害を繰り
    返さない防災体制や防災教育をいかに構築していくかは、当学会が関わる多様な気象災害
    においても共通の課題であり、私達は今一層真剣に取り組んでいく必要があると思います。
    今回の地震災害の影響は、今後も長く継続していきます。避難所に避難されている方々
    への支援、被災地の復興の支援には、すべての国民と共に力を尽くしていく必要がありま
    す。
    一方、この地震に伴い福島第一原子力発電所の事故が発生し、放射性物質の拡散が懸念
    されています。大気拡散は、気象学・大気科学の1つの重要な研究課題であり、当学会に
    もこの課題に関する業務や研究をされている会員が多数所属されています。しかしながら、
    放射性物質の拡散は、防災対策と密接に関わる問題であり、適切な気象観測・予測データ
    の使用はもとより、放射性物質特有の複雑な物理・化学過程、とりわけ拡散源の正確な情
    報を考慮しなければ信頼できる予測は容易ではありません。今回の未曾有の原子力災害に
    関しては、政府の災害対策本部の指揮・命令のもと、国を挙げてその対策に当たっている
    ところであり、当学会の気象学・大気科学の関係者が不確実性を伴う情報を提供、あるい
    は不用意に一般に伝わりかねない手段で交換することは、徒に国の防災対策に関する情報
    等を混乱させることになりかねません。放射線の影響予測については、国の原子力防災対
    策の中で、文部科学省等が信頼できる予測システムを整備しており、その予測に基づいて
    適切な防災情報が提供されることになっています。防災対策の基本は、信頼できる単一の
    情報を提供し、その情報に基づいて行動することです。会員の皆様はこの点を念頭におい
    て適切に対応されるようにお願いしたいと思います。

    message_110318_convert_20110405233752.jpg


    原発 放射能 水道
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/94-8ab034e3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。