11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    福島原発微量放射線長期体内被曝で細胞異常! カルトフェン教授 5/2 

    福島原発微量放射線長期体内被曝で細胞異常! カルトフェン教授 5/2



    (日本語訳: Junebloke)福島の放射線が出てどうなるか、放射線は何処へ行くのか? "被ばくしたら、強力に放射性物質は体内に一生残ります。"by マルコ・カルトフェン教授

    1. フェアウィンズ・アソシエーツの設立者、会長のマギー・ガンダーセンです。今回は、スペシャルゲストのマルコ・カルトフェン氏です。放射線化学とモニタリングの専門家で、­マサチューセッツ, WorcesterのWorcester Polytechnic Institute大学( http://www.wpi.edu/ ) の教授です。 
    皆さんから何百ものEメールを頂いております質問、放射線についてお答えしたく思います。
    私も含め他の学者たちがこの財団で働いておりますが、我が財団より放射能について深い研究をされている他の専門家にお聞きしたく思います。
    アーニー・ガンダーセン(G)は、原子炉の専門家で、福島原発事故で起こったこと、発生した放射能がつくる問題、米国の他の原子炉の問題についての解説をしました。
    マルコ・カルトフェン教授(M)は、放射線が出てどうなるか、放射線は何処へいったのかを語ります。

    G(ガンダーセン):マルコ教授、出演ありがとうございます。
    M(マルコ):私はWorcester Polytechnic Institute大学で、核の研究と放射能の遠距離への影響について研究しています。
    福島の放射能の放出で、最も興味深い事は、一般的な放射線許容量について聞かれることです。たとえば車の窓からのガイガーカウンターでの計測を考えますと、高放射性物質に­含まれるマイクロスコープやナノスケールの粒子は小さすぎて、風に吹かれて時には非常の遠隔地まで飛散します。調査したところ、100マイルや1000マイルの場所まで飛­散します。何が起こるのかと言えば、日本では放射能被ばく地域から粒子が移動しています。これらの放射性粒子は、世界中に移動しています。あなた方がそれらを吸えば、体が­それを運びます。それはまったく違う影響を与えます。放射性物質の種類の背景はともかく、重要なのは、食べたり息を吸ったりしたときに体に取り込んでいるのです。

    G:これは、非常に興味深いことを聞かせていただきました。皆さまからの多くの質問ですが、歯科レントゲンとの違いはなんですか?

    M: 歯科レントゲンは、セットモニター放射線で、誰がどの種類の放射線を浴びるか予測できます。放射性粒子は全然違います。個々の粒子は明らかに違う放射性粒子です。身体への­ダメージを与え始め、細胞や組織を痛めつけます。放射性粒子は細胞に生き残り、強力に腫瘍に変化します。ですから、どの様に放射性粒子が移動するかを心配しています。もし­、その様な放射性粒子を避けたければ、粒子が飛散したどこの空気を呼吸するか、どこの食物や水に入ったものを取り込むかは、我々の行動により違いが出ます。放射性粒子の影­響は、それが遠くに移動してもそう違いはありません。すでに他の学者が発表したように、ここ米国でも空気中に粒子が、そして日本でも多くの粒子が観測されています。
    アメリシウム、ユーロピウム、ビスマス、ウラン他の放射性粒子が、日本の空気中と土壌から、米国西海岸や他の地域から見つかっています。

    G:私が、教授が述べられたことを正確に理解したとしますと、たとえば教授はたばこから出る放射性物質は、体内からのものとおっしゃるのですか?

    M:そうです。たばこを長期間吸うことにより、自然放射性が体内から出ます。これにはいろんな要因があり、たばこで肺がんになることが知られています。

    G:飛行機での旅行や胸部レントゲン撮影の放射線と今回の放射線は同程度だとよく最近聞きますが、どう違うか説明して頂けますか?

    M:もちろんです。これらは短期間の被ばくで、飛行機は数時間、レントゲンは瞬間です。飛散している放射性粒子は、家に入り込み、リサイクルして、継続して人々を被ばくさ­せます。この放射線被ばくは、数時間や瞬間で終わらない。継続しています。被ばくしたら、強力に放射性物質は体内に一生残ります。放射性粒子による塵及び、追加計測による­放射線の減少を見分けるのが重要です。

    G:たとえば、この汚染地域に住んでいる人たちは、放射性物質を­取り込んでいるし、呼吸する時に放射性物質は見えませんね。

    M:なにが起こっているかと言えば、これらの放射性粒子は、表面­近くに張り付き、服、肌、コンクリート、カーペット、家具や植木­に張り付きます。ですから、被ばくを減らしたければ、粒子の最初­の飛来場所、服をきれいにする、影響受けた土壌を取り除く。とに­かく、長期間の放射線粒子拡散を減らすことです。

    G:放射性物質汚染は、日本だけですか、世界中ですか?

    M: 我々は、米国内でも同様の放射性物質サンプルを確認しています。­空気中放射性物質観測装置で、西海岸、東海岸、ハワイ、そして日­本でも。日本で観測された放射性物質は、ヨウ素、セシウム、アメ­リシウムも含まれます。同じ現象が、米国でもあります。はっきり­と福島原発事故関連の放射性物質です。

    G:わお!これは深刻ですね。もう少し説明していただけますか?­放射性粒子の塵は、フクシマから拡散して、北半球、又は地球全体­へ行くのですか?

    M: 北半球が主ですね。1960年代には、我々は大気中で核実験をし­ていました。北半球で爆発すれば、放射性物質は北半球で確認され­た。米国、北アメリカ、同緯度の日本でもです。ですから、我々は­ここ米国でもっと多くの放射性物質の塵を確認しました。
    同じルールで、今述べたのと同種類レベルのことが、日本と世界中­で、50年から60年代の核実験の期間よりおそらくもっと広く起­こっています。

    G:今のフクシマの放射性物質の拡散レベルは、50-60年代の­核実験期間より広範囲ですか?

    M:日本が受けている放射線物質量に関しては、そうです。我々は­、米国にはどの程度の放射性物質が来ているかを考察しなければな­りません。考慮すべきは、存在する放射性粒子の塵は、どこかの場­所へ飛来し、誰かを継続的に被ばくさせているのです。物質を研究­室で調査実験して、どの程度大きな問題に米国でなるのかを調べな­ければなりません。物質は、間違いなく米国で確認されており、食­物と植物の種類ごとの調査をして、どのような深刻な問題を引き起­こすかどうかを調べます。

    G:なにを食べて、なにを育てていいのかの情報はありますか?先­ほど、教授は土壌汚染についておっしゃりましたが、何百人もの庭­を持つ人達から、多くの質問がきています。

    M:半減期の長い物質、セシウムの様な放射性粒子放出が長期間続­けば、それは強力に影響するでしょう。セシウムの影響はテストさ­れポタシウム(カリウム)の土壌への影響と同じです。 多くの庭師の方がお馴染みのポタシウム(カリウム)を基礎とした­人造肥料ポタージュはこれを含んでいます。放射性粒子セシウムと­ポタシウムは混ざっています。それらは、セシウムと同じ影響を与­えます。これは憂慮すべきで、どの程度植物に影響をあたえるかを­市場に出る前にサンプリング検査すべきです。この事は、ブリティ­シュ・ペトロリアムの原油流失海上汚染と同様で、FDAAと独立­調査機関、私の研究所もシーフードやオイスター、蟹を検査してい­ます。放射性物質拡散の影響に多くの調査力が必要です。なぜなら­、ひとつの国家だけの問題ではなく国際的な問題だからです。

    G:しかし、わたしはEPAの資料を読みました。“魚の検査はし­ないし、いくつかのモニタリング調査は終了した。”私たちはどう­したらいいのでしょうか?

    M;私も現時点で、牛乳の検査を除く、魚と農産物の検査結果のど­んなデーターも観ていません。牛乳の成分への放射性物質レベル検­査はあり、なぜならヨウ素は日々の食品に濃縮されるからです。我­々は、この検査を広げる必要があります。穀物は、より繊細で放射­性粒子の塵に影響を受ける。放射線数量ではないです。我々は、本­当に十分などんな決定数値も通知されていません。

    G; では市民は、現時点でどうすべきだというのです?

    M; 市民は、長い間科学的粉じんと戦ってきたことを思い出すべきです­。公的教育は、医療的に子供たちへの粉塵公害の排出を減らしてき­た。これは大きな公衆健康問題で、この問題に対処する正しい行動­をしてきました。我々は、これらのデーターが主に示すように、大­規模で同程度の公衆健康を守り、放射性物質の粉塵の影響を減らす­方法を探すべきです。
    まず、最初のステップは検査です。数量に関係なく、どの程度進め­、どの程度的確な行動をするかです。

    G: 視聴者やリスナーへの回答として、人々は今、なにをすべきでしょ­うか?私は、市民に、市長、知事、州の研究所と最も重要なのは連­邦研究所にコンタクトしなさいと言っています。観測システムが、­我々を守ってくれますとも。的が合ってますか?

    M; 部分的には合っていると思います。私は、日本に住む人達と放射性­物質の影響のある地域の人達にこう言います。単純です。食物を準­備する前に手をよく洗うこと。これは、ここ米国でも言えることで­す。
    他の問題として、我々はいくつかの検査ができることです。落ちて­きた放射性物質を食物からの取り除く方法、農作物を観察して確認­して、汚染が拡散するのを防ぐことです。

    G:この放射性物質は、すべて周囲にあるのですね?

    M: はい。

    G: どういう意味があるのですか?家のドアの前で靴の汚れを確認する­、汚れた服を家の中に入れない、このようなことですか?

    M: いい答えですね。研究所では、いろんな塵の計測をします。外への放出を防御してい­ます。そのような塵を家の中に入れたりしたくないでしょう。約7­0%の家の塵は、家のすぐ周りからの汚い塵です。塵の家の内への­侵入を減らすことが出来ます。いわゆる家の放射線を考えてみてく­ださい。 我々は、特に原発事故のまえから、それを防ぐ少しの経験がありま­す。
    我々は、余分な放射性物質の計測をしなければなりません。これら­は、我々が家に入る前に防げば拡散していきません。

    G:なるほど論理的ですね。このような場合はどうでしょう?日本­や米国で、夏季に外出したり、夏休みに屋外活動するのはどうです­か?

    M: 難しい質問ですね。特に日本に住む人達には、外出して新鮮な空気­を吸ったり、運動したり、新鮮な食物を食べるのは、放射線リスク­を伴います。
    人類が核実験していた期間に、わかっていることは、時には天候に­より一定の地域に影響を及ぼし、まれに核爆発があった地域から遠­隔地でも影響がありました。ですから、放射性物質の観測をしなけ­ればなりません。
    この放射性物質の影響は、オゾン層の破壊による影響が、夏の暑い­日に大都市であるのと同じです。
    もし、運動したければ、おそらく翌朝にした方がよいでしょう。

    G:なるほど、わかりやすいですね。日本の県、米国の州、カナダ­の県で、このようなプロセスについて公式に広報が必要ですね。

    M:まったくその通りです。
    なぜなら、たとえあなたがガイガーカウンターを持っていても、窓­に向けた計測機は役に立ちません。空気中の放射性物質の塵の計測­は出来ません。通常、空気中の放射性物質の塵の計測には、もっと­高価な計測装置が必要です。それは難しいことなのです。
    ですから、我々は、政府に向かって、政府機関にこの観測をするよ­う請求すべきです。
    非常に深刻なことです。日々この観測情報を得なければなりません­。

    G:マルコ教授、大変ありがとうございました。また次回の出演を­望みます。
    私たちは、通常もっと多くの質問があり、もっと共有したい情報が­あり、迫りくる問題がありましたら、その見解をください。

    M: 我々は、継続して放射性粒子について研究しています。もっと多く­のデーターが集まりましたら、すぐに公開していきます。インタビ­ューして頂き、ありがとうございます。

    G:こちらこそ、ありがとうございます。
    フクシマで実際に起きていることに関して、人々が知りたい事にお­答えいただき、ありがとうございました。

    http://junebloke.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/986-4d981d06
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。